澄穂さんと、エロチカルなオナ電を満喫。
2人の関係はエスカレートするばかりで、見せ合いを楽しみ合いました。
人妻の濡れたオマンコや喘ぎ声に、心を乱されまくり。
童貞の自分のオッキしたチンコで、メチャクチャ興奮もしてくれて、それも喜びに変わりました。
そんな2人の蜜月は、ついに現実のモノとなっていくことになりました。
「私の穴に挿れてもいいよ」
人妻の澄穂さんに誘われた一言で、アポ決定しました!

 

 待ち合わせ当日の自分、メチャクチャテンションを上げてしまっていて、津乃田から「お前、どうした?現金でも拾ったのか?」なんてからかわれたりして。
「実は、貴君から教えてもらった方法で、アポが決まったのだ」
「そうなのか?頑張ってこいや!」
背中を叩かれました。
言われなくても、頑張りまくってくる気持ちでいっぱいでした。
とっても自然に破顔しまくっている自分でした。

 

 澄穂さんとラブホテルの部屋に入った時、興奮と感動が怒涛のごとく押し寄せてきました。
「前から一度、童貞狩りみたいなことしたかったんだ」
スケベな微笑みをたたえながら、人妻は言いました。
そして、自分のズボンに手をかけ下げ始めたのです。
パンツも下げられて、オッキ中のチンコを握られました。
異性の柔らかな手でシコシコされる気持ち良さ。
さらにフェラが始まり、超絶快楽が全身を覆って行く感じでした。
自分も震える手で、奥様の服を剥ぎ取り、無我夢中でしゃぶり付いてしまったのでした。
そして待望の初体験!
初挿入に成功したのでした。
こんなに気持ち良いなんて、実に素晴らしいなんて思いながら、前後運動に励み射精しました。

 

 友人から教えてもらったセフレの作り方で、初めてのセックスを経験。
テレフォンセックスで盛り上がった人妻のオマンコで、やっと童貞卒業ができました。
ただただ感謝でした。
澄穂さんは、かなりスケベな人妻です。
初体験の後も、セフレとしてのお付き合いを継続することになりました。

おすすめ定番アプリ登録無料

童貞狩りをしている女子に筆おろしされたなら!!